天然ヘナ製品は化粧品認可の製品

Pocket

以前よりヘナ製品の化粧品認可についてのお問い合わせがありましたので、

その概要をお伝えしたいと思います。

化粧品の認可とは?

化粧品はお肌に直接使用する製品ですので、安全性が求められます。

またトラブルが起こった際には、誰が責任を持つことになるのか?

そういった責任の範疇を明確にする為に薬機法で、

化粧品製造許可・化粧品製造販売許可というのが必要になります。

日本では化粧品に関して基準がありますので、

勿論それらをクリアし、化粧品認可を得た商品しか発売は出来ません。

ヘナの化粧品としての基準

化粧品として天然ヘナを出荷する場合にチェックする項目があります。

・重量や表記に関してのチェックは基礎中の基礎。

・成分として記載されている内容に間違いが無いか
要するに、表示されている成分以外に化学染料などが含まれていないか
(指定した成分を検査機関にて分析)

・重金属などの有害物質が含まれていないかを検査します。
(検査機関にて分析を行います)

・製品自体の衛生状態が悪く無いか
(培養実験で生菌の数値を確認します。)

Indeyherbsの自社基準

上記のような法的な要件を検査した後に、

・Graciasヘナ専門店にて製品スペックのチェックを行います。
営業において使用に耐える製品を出荷しています。

・実際に使用感を確かめて異常のない製品を出荷します

化粧品認可の抜け道

化粧品製造販売許可というのは、厚生局が審査した業者に

その責任を担保させることが目的です。

しかし、許可=安全という図式は正確ではありません

製造販売業者がチェックを怠った場合に、それを監視するシステムありません。

従って、トラブルが起こった場合に、消費者が誰に抗議すれば良いかという

責任範疇の問題となります。

オーガニック認証にも抜け道が

昨年後半にオーガニック認証を受けた製品の誤表示が発覚しました。

オーガニック認証というのは、製造ロットごとに認証を受けるのではなく。

製品を発売する際に認証を受け、その後はチェックする機能がありません。

第一ロットは正確な製品であっても、第二・第三・第四とロットを重ねても、

毎回チェックを行う必要が無い為に、成分が変更されていたとしても、

誰もそれに気付くことが出来なかった訳です。

またオーガニックとは政府などが行う認証ではなく、

任意の第三者機関が認証を行う為、その責任範疇も曖昧なのが現実です。

とは言っても化粧品製造販売許可は大切

手作り石鹸・手作り化粧品・手作りコスメというのは

基本的に化粧品製造許可を受けていないことが多いのですが、

これらは雑貨品として扱われる為に、責任範疇が曖昧になります。

従って、化粧品製造許可を受けていない業者が化粧品を製造することは違法であり、基本的に購入者が自己責任において使用しなければいけません。

公正な化粧品製造が望ましい

化粧品製造許可を取得するには、それなりの予算や人材・設備・時間が必要です。

こういった許認可は化粧品製造業にとっては大きなコストとなります。

しかし、最終的な消費者保護や法令遵守を考えた場合には、

化粧品製造業であればトラブルが起こった際にはPL法により

消費者が保護されることになります。

また製造元もPL保険に加入することで、消費者に対して適切な保証が行えます。

一方で、様々なコストを抑える意味合いで許認可を受けずに化粧品を製造し、

販売する方もおられますが、やはりそれは公正とは言えない行為かと思います。

ヘナの雑貨商品も!

勿論ヘナにも雑貨商品があります。

これらの見分け方ですが、以下の項目をお確かめください。

①製造販売元の表記が無い

②全成分の表記が無い

③カツラ用・マネキン用などの記載がある

これらに該当する場合は雑貨商品のヘナであり

”化粧品認可=保証のある製品”では無いということになります。

馬鹿に出来ない化粧品製造許可

製造許可は消費者を保護する目的で制定されたルールですが、

これらが存在しなかった場合には無法状態となってしまいます。

例えば、許可制度が無かった場合、以前問題となった”お茶石鹸”のように、

沢山の被害が出た場合にも、それらを保証することが出来なくなります。

この事例の場合は、製造元がPL保険を活用し被害者救済を行えました。

しかし、許可を受けていない商品であった場合には事態が更に深刻化します。

Indeyherbsの許認可

現在Indeyherbsの化粧品製造販売許可は、株式会社コスビが請け負っています。

コスビは化粧品としての保証を行政的にも代行する会社と考えて頂ければと思います。

勿論、その保証に対してそれなりの予算が必要となります。

近い将来、Indeyherbsは自社において化粧品製造販売・化粧品製造許可を取得します。

委託ではなく自社において全ての責任を持つことになります。

それにより、更に精度の高い品質チェックが行えるようになります。

また保証制度も拡張されますので、より安心して商品をご購入頂けるようになります。

正しい競争環境が社会を良くします

もしも多くの人が、雑貨化粧品を購入するようになり、

正規の認可商品が売れなくなった場合に、制度はなし崩しとなります。

制度が崩壊した場合に、消費者保護が行えない環境となってしまいます。

やはり、化粧品認可を受けた製品を購入し制度を守ること大切です。

消費者保護は、国の意思決定でけでは成り立ちません、

消費者自身が制度を守る意味で、正規の認可を受けた商品の購入をおすすめします。

化粧品製造許可・化粧品製造販売許可・化粧品認可を自動車で例えると

化粧品製造許可=自動車の製造に関する許可

化粧品製造販売許可=運転免許

化粧品認可=車検

だいたいこういった感じで考えて頂くと分かりやすいかと思います。

もしも、こういった免許類が存在しなかった場合には、

自動車の欠陥が起こってもメーカーは責任を取らない

事故をした運転者が被害者に保険金を支払えない

車検の無い自動車が騒音や排ガスを撒き散らす

ということになってしまい、交通安全は崩壊します

非常に大切なルールであると考えられます

正規の化粧品認可のご相談

アロマ教室などで手作りコスメを習い、製品化したいとお考えの方に、

Indeyherbsではサポートを行っております。

許認可を得るには沢山のコストや知識が必要になります。

また、委託した場合にもそれなりのコストが発生してしまいます。

また手作り化粧品は時によって化粧品認可を受けることが出来ない成分などもあります。その場合には、化粧品として成り立つ様々な方法があります。

化粧品の開発は非常に創作意欲が湧き、楽しい作業でもあります。

しかし、それらが許可を受けられなければ化粧品としては認められません。

折角のアイデアや開発努力が報われないということにもなります。

そういったお考えをお持ちの方は、一度当社までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA