サロンワークに最適なベジタブルオイル:サハラオーガニックアルガンオイル

Pocket

モロッコ王国アガディール地方には不思議な植物が存在します

その植物は、このアガディール地方でしか生育出来ず、世界中のどの場所にも根付きません。

その植物は、夏になると青い実が黄金色になり甘い香りは放ちます。その甘い香りに遊牧民たちが飼う山羊達が引き寄せられ、美味しそうに身を食みます。

その黄金色の実に引き寄せられるのは山羊だけではありません。

その黄金の実から採れるオイルは、モロッコの人々の美肌の秘密。

今では世界中で愛用され有名になったアルガンオイル

アルガンとの出会い

美容師として駆け出しの頃、アルガンオイルと出会い手荒れや肌荒れに活用していました。

当時、私は膝裏にアトピーの慢性化が観られ、治療に専念していました。

その際にアルガンオイルを活用していたことがありました。

今では、そのアトピーの部分は回復しています。

以降、アルガンオイルは非常に優秀なオイルとして認識していました。

素晴らしいオイルなので、髪や頭皮にも素晴らしい効果が期待出来ると、

何度かサロンワークに取り入れようとチャレンジしたのですが、

アルガンオイルには特有の重さがあり、ヘアケアとしての利用を躊躇していました。

美容業界に存在するアルガンオイル

美容室で販売されている、アルガンオイルをイメージさせる商品があります。

これらの製品には、主に合成油が使用されています。

これは髪を柔らかくしたり、手触りを良くする為に配合されています。

目的に合致していれば素晴らしい製品です。

しかし、素性を知らずに利用されている方も多いようです。

勿論100%アルガンオイルの製品もありますが、

先程も述べた通り、重すぎる傾向にあります。

又は、精製し過ぎた為に特有の保湿力などが失われていたりまします。

美容師目線において、なかなか思い通りのアルガンオイルに出会うことが出来ませんでした。

やっぱり!いつもの癖が出てしまう!

こうなってくると、旅に出ずにはいられません!

そうです!いつもの斜め目線の旅が始まります!w

とても疑い深い性質の私達は、現地を徹底的に調査していきます。

この性質は、日々向き合うお客様に嘘のない製品をお届けする為です。

目の前に座るお客様に紛い物を提供するわけにはいきません。

目的は「売りっぱなし」では無いので責任ある製品作りが求められます。

また、化粧品製造許可を厚労省から頂いている以上、責任も重大です。

モロッコで知ったアルガンオイルの実態

アルガンオイルの解説には以下のようなことが記載せれていることが多いのですが、これらは本当のことなのでしょうか?

・アルガの木は希少な植物

現在アルガンの木は特別希少ではありません、車で4時間ぶっ飛ばして走っていても、アルガンの森はどこまでも続いています。

・アルガンの実はヤギが食べ排出した種子から作られる

ヤギが食んだアルガンの実は、獣臭が酷く使用することは困難です。現地の人々も使用することは稀です。

・アルガンオイルは石臼で丁寧に絞られる

衛生上の問題でバクテリアの繁殖によって品質劣化が早くなります。
日本の衛生観念においては、商品として成り立ちません。

ネットで調べた事前情報は、このように挙げだすと限が無い程に誤解が生まれていました。

やはり現地を訪れないと分からないことは多いものです。

そして、実際の製造工程を確認していくと、インドのヘナ生産に似たような問題が山積みとなっていました。

現地の製造スタッフ達と共に、サロンワークに適したアルガンオイル製造が始まりました。

旅の様子はこちらからご覧いただけます
アルガンオイルとヘナを求めてモロッコの旅

アルガンオイルの性質

アルガンオイルの性質は、まだまだ謎の部分も多く、一つ一つの成分の特徴を挙げたところで、その性質を理解することは出来ません。

例えば、アルガンオイルの抗酸化作用は、単一成分のみで構成されている訳では無いからです。

未だ研究段階ではありますが、アルガンオイルに含まれる特定の微量成分と、様々な有効成分が、能力を引き出しているようです。

一般的に、ビタミン類、ステロール類、トリテルペンアルコール類、脂肪酸類、などがバランス良く含まれることで、以下のような効果が期待されています。

・オレイン酸による皮膚の保湿や柔軟作用

・リノール酸による保湿・美白作用

・トコフェロールによる活性酸素・酸化抑止

・ビタミンEによる血行促進

など

スキンケアやヘアケアに優れた効果を発揮してくれます。

しかし、自然の創造物は人間が簡単に調べることが出来るほど単純ではありません。

一定のデメリットも存在するのは確かなことです。

過剰に酸化した場合には、副作用として発がん性やアレルギーが疑われています。

結果として、個人に実際に使用した体験こそが唯一の検証結果となります。

そういった意味でも、やはりどんな素材でも注意深く見守る必要があります。

このあたりをマネージメント出来るのが、プロのアドバイスと言えるでしょう。

実際に使用方法は様々なシーンに及びます

アルガンオイルを使用する際には、基本的に軽いキャリアオイルとブレンドしたもの使用するのが一般的です。

今回発売したサハラシリーズのアルガンオイルは、原液での使用を考慮して作られています。

しかし、全ての人にとってそれが最適とは限らないので、一定範囲をカバーできるキャリアオイルも準備中です。

まずは、現在の使用法をご紹介していいきたいと思います。

・ヘッドスパ・ヘッドマッサージ

ヘッドスパに利用する場合は、小さじ一杯分程度を頭皮から毛先にかけて塗布します。

軽くコーミングしながら毛髪に馴染ませてからマッサージを始めます。

次第にオイルは頭皮に吸収されていきますので、毛髪に残留したアルガンオイルはホットタオルで拭き取ったり、シャンプー剤で洗い流します。

その後、頭皮用化粧水やハーブウォーターで保湿します。

・ヘナの質感アップ

ヘナペーストにアルガンオイルをブレンドすることで、ツヤ感や柔軟性の表現が向上します。

具体的な使用量は、ヘナペーストの総量に対して3〜5%です。

なぜか不思議なことに、モロカンヘナとの相性が抜群に良いようで、毛髪への残留などは起こりにくいのに、ツヤ感や手触り感が大幅に向上します。

お客様の満足度は飛躍的に向上します。

・仕上げ剤として

キャリアオイルを仕上げ剤として利用する場合は、手のひらに薄く伸ばす程度で十分な使用量です。

ツヤ感が増し、甘いナッツの香りに癒されます。

仕上げに使用することで、過酸化脂質の毛髪への発現を少なくしてくれます。

また、くせ毛などのカールスタイルには、若干水分量を残したカールに、様子を見ながらアルガンオイルを追加していきます。

理想の質感になる手前ぐらいが、実際には適正量であることが多いと感じています。

・スキンケアとして

全身のスキンケアに利用することが出来ます。

お風呂上がりなどは、角質が柔らかくなっていますので、より浸透が素早く行われます。

アルガンオイルを含んだ皮膚は、化粧水など普段以上に抱え込みますので、潤ったお肌になります。

また、乾燥によるお肌のコンプレックスを解消してくれます。

男性のアフターシェーブにも最適で、シェーバーで傷んでしまったお肌の再生を補助してくれます。

個人的に効果を感じたのは、就寝前に目の周りに薄く伸ばして塗布しておくことで、翌朝の開眼がスムーズになりました。

目の周りのクスミが解消され、小じわが穏やかになったと実感しました。

このあたりは、個人個人でコンプレックスを異なるのですが、良い結果が出ることが多いようです。

・メイククレンジングとして

メイククレンジングとして使用することも出来ます。

その際には、少量を指の腹でコスメとよく馴染ませます。

馴染ませたオイルを軽く拭き取り、洗顔を行うことで、お肌への過剰な刺激を軽減出来ます。

毎日の洗顔でお肌は少なからず弱くなっていきます。

その負荷を少しずつ軽減することで、お肌の調子を維持することが出来ます。

日々の積み重ねがお肌を守ることに繋がりますので、細かなことですが女性の美肌維持には大切な要素と考えています。

アルガンオイルと仲良くなる為に

アルガンオイルは美容室の現場で重要な役割を持つことになるでしょう。

しかし、1ヶ月一度の使用でコンプレックスが解消される訳ではありません。

日々ご自宅での利用においても良い結果をもたらしてくれることに期待します。

そして、アルガンオイルは劇的にお肌を綺麗にしたり、髪を増やしたり、髪が綺麗になったりという、所謂トリートメント剤ではありません。

これらは、日々の美容方法をサポートする名脇役という存在となります。

この立ち位置を明確にすることが、アルガンオイルを利用するうえでの一番重要なポイントとなります。

アルガンオイルは地域を支える資源?

最後に記したい項目として、モロッコにおけるアルガンオイルによる地域への貢献です。

モロッコはイスラム教が国教でもある為、未だ女性の地位が低い傾向にあります。

これは、宗教的な文化でもありますので、それを否定するつもりはありません。

しかし、現代では多くのイスラム教の国においても女性は活躍しています。

モロッコでも都会に行けば、女性は重要なポジションの仕事を行っていることも多く見かけます。

しかし、地方ではそういった光景はまだ珍しいようです。

そこで、アルガンを産業として女性労働組合が誕生し、地域の経済活動を担っています。

しかし、これらが根本解決にはなっていません。

私達のアルガンオイルもそういったユニオンによって製造されているのですが、それによって女性の地位が向上するなどとは思えません。

こういった状況は、モロッコという国の構造自体が変化しなければ改善することはありません。

このシーンにおいて、アルガンオイルの普及がモロッコという国を良くしているという考えは、少し違和感を持ってしまいます。

私達は、アルガンオイルをお伝えしていく中で、俯瞰的な目線を持ちながら関わっていこうと考えています。

世界中でこういったシーンを目にしながら旅をしていると、根本的な解決には日々私達が真実と向き合うことだと実感しています。

エンドユーザーに至るまで、こういった情報をシェアすることで、

商業的な視点からの改善だけではなく、同じ地球に住む人と人の目に見えない繋がりをフォローしていきたいと考えています。

こういった視点のお話を通じて、一人一人の意識の中に製品を通じてお届け出来ることを願っています。

お知らせ


・サハラモロカンヘナ
スタートアップセミナー全国で開催予定!
スケジュールはこちらから

 


・製品のご購入は以下のサイトより会員登録後にお取引頂けます
The Basic Wellness

 


・無料サンプル請求はこちら(期間限定3月31日まで)

お問合せはこちらより

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA