2018年の美容室業界の振り返りそして2019年へ

Pocket

全国の美容室の皆様!12月の営業ご苦労様です!

おそらく全国的にピーク期を迎える美容室。

間も無く2018年も終わりを迎えます。

毎年このシーズンになると、来年の展望などが話題となります。

今回の記事では、Graciasヘナ専門店の2018年、

そして2019年に向けての動向を皆様にご紹介したいと思います。

2018年の振り返り

2018年は災害が多く、社会不安が広がる一年となりました。

そして、現在の米中貿易摩擦があらわす様に、世界の経済均衡が活発化している時代になりました。

更に、社会のスピードが一層加速したように感じる1年となりました。

・災害多発 社会不安

・世界情勢の変動による経済的変化

・社会スピードへの対応

Graciasヘナ専門店は、全国の美容室平均と比べた場合には

平均以上を維持出来ていますが、10年目を境に踊り場を迎えたと言えます。

成長が穏やかになる原因として、働き方改革に本格着手したことも大きく影響しています。

就業時間制限・休日増加・賃金形態の見直し・各種社会保障の見直しなど

必須の労働条件を約1年で構築しました。

痛みを最小限に抑えた計画的改革と言えます。

・売上を下げずに労働時間を短くする

・利益率を維持しつつ賃金の向上と社会保障の構築

こういった理由で踊り場を迎えたのですが、第二次成長のポイントは

如何に人事を考えるかというテーマがあります。

どれだけ素晴らしい技術や製品や感性があろうとも、

社会のルールに合致しない組織は評価に値しません。

また、義務を随行出来ない組織(ブラック)に対しての社会的制裁や、

顧客・従業員離れは目に見えて加速していきます。

・美容室経営の抜本的変革期

・社会ルールに合致しない組織は無くなる

・ブラックである程人材に関する困りごとが増える

2019年に向けて

2019年は皇室典範やG20大阪開催、オリンピックや万博に向けての動向。

貿易摩擦の一層の険悪化からの世界情勢不安が予測されています。

また、消費増税にあたり政府の対応は遅れ気味なのが現状です。

労働環境の整備に続いて、技術サービスの改編が必須になります。

これは全国の美容室も同じテーマに差し掛かることになります。

倒産件数が過去最多を迎えた美容業界では、競合による不利益が増えています。

これは、どのサロンも同じであれば、価格の安い美容室をネット検索出来る時代に入ったことをあらわしています。

同じ土俵で同じ技術で競うことが難しくなります。

そこで個性化が求められる時代へと転換します。

ヘナ専門サロンや取扱店が増えつつある昨今において、

塗って洗って乾かす。

これでは十分な競争力にはならない時代です。

2019年より、Graciasヘナ専門店の技術サービスは大きく舵きりをします。

理念を壊すことなく、現代にマッチした改編を行います。

そして、それは夏休みを境目に更に2段階のアップデートを行います。

・2019年は節目になる行事が多い

・美容業の飽和状態はより顕著になる

・完全な差別化の成功がキーになる

・大きく変化する時代

現在までGraciasでは、技術サービスの根本的改変は行っていませんでしたが、

いよいよ2019年には、温め続けたアップデートが実施されます。

これは来年から、顧客の皆様へ段階を追ってアップデートのお知らせをします。

そうすることで、新鮮で確かな技術サービスを、定期的な改編で楽しんで頂く為です。

お客様は期待の無いサロンに通い続ける率は高くありません。

内側に向かいがちな職人魂は、お客様に理解を頂くには適した方法ではありません。

顧客の方々に届いてこそ、結果が評価されるのだと思います。

来年はGraciasがヘナ専門店となって以来の大型改編期となります。

このようにして踊り場を迎えたGraciasヘナ専門店は、新たなステージへと旅立ちます。

・時系列を追ってお客様に変化を感じて頂きやすくする

・差別化をしても難しくはしない

・10周年を迎えて、第二次成長期へと突入

多くのサロンが転換期となる2019年

社会もまた大きな変化を迎えます。

外国人労働者の大量流入で、社会の様相は一変するでしょう。

当然顧客の中には外国人の方も増えてきます。

社会人になっても英語が話せない日本社会において、英語力も大きな要素になります。

更に、現在は海外での日本人美容師の活躍が目立ってきました。

このように有能な美容師さんが海外へ流出する流れも続いていくと思われます。

・グローバル化への対応

・有能な人材の海外流出は時間の問題

・英語力の向上を計る

そして、先ほども触れた働き方改革は、組織に限ったことではなく、

個人サロンにおいても、長時間労働は時代にマッチしていません。

長時間働いて収入を得たところで、必ず体力的限界がやってきます。

しかもそのスピードは思いのほか早くに訪れることでしょう。

中小規模の事業体が大きな影響を受ける2019年となるでしょう

・個人の働き方への関心度が業績へと影響する

・時間管理の大切さが実感される

・中小企業や個人事業ほど逆風が強くなる

2019年消費増税

最後に、日本全国が影響を受ける消費増税に関しては、

対策を行っていなければ、間違いなくダメージを受ける状況です。

どういった問題も同じなのですが、問題が起こってから解決するには、時間と体力を過剰に消費します。

出来ることなら、事前に問題点を把握し、先回りの問題解決が良いのです。

そして、消費増税は既に誰もが認識している将来ですので、対策しないということは、航海準備をせず大海原に出るようなものです。

問題の先回り解決と行動が問われる事案として考えて頂きたいと思います。

・先回りの問題解決能力

・無意識でいると渦に巻き込まれることもある

・わかっているリスクは事前に把握する能力が大切

自然環境に対する取り組みが評価基準になる時代

現在各産業において、環境保護に対する取り組みが盛んに行われています。

なぜ、多くの企業が環境問題に取り組むのか?

それは、様々な意味で自然環境が限界を超えてしまったからです。

そして、環境悪化を行う業態は世間から認められない時代へと移行します。

こういった部分を消費者が判断する時代に入ります。

それは企業の情報開示などがネットを通じて簡単になってきたことも影響しています。

・環境保護は当たり前の義務になりつつある

・環境に対する取り組みは出来るだけ情報開示する

2019年は更なる環境への配慮や改革が美容業界のテーマであると考えています。

これは、Graciasヘナ専門店が率先して先導企業として頑張っていきたいと考えています。

社会貢献的である重要性

Graciasは法人として運営していますので、利益を出し税を納め、従業員の生活向上を目指しています。

企業内の利益に加えて、社会的利益の追求も同時に行います。

まずは地域社会においての貢献として、現在展開中の奈良県のオーガニック文化の発展に寄与したいと考えています。

奈良県にも沢山の志ある個人や企業があります。

そういった方々と共に、現在観光地として来訪者が増えつつある奈良県の特色をアピールできるイベントを、行政と共に展開していきたいと考えています。

やはり弱小ながらも企業として活動させて頂いている奈良県に地域貢献出来ればと考えています。

・地域社会に貢献的な事業体は応援される

・個人的利益から社会的利益の重要性

・行政を巻き込んだ社会活動

2018年もありがとうございました

今年の振り返りから来年の展望まで

Graciasは今までの10年に無い緊張感ある年末となっています。

やはり、ヘナの事業体をリードする企業として来年は追い風とはいかない一年になるでしょう。

しかし、そんな時にこそアイデアや良き出会いが待っているかもしれません。

そして、そうなるように願うだけでは無く、一歩を踏み出します。

今年も株式会社インディーハーブス及び、Graciasヘナ専門店をご愛顧頂き誠にありがとうございました。

来たる2019年も新しいチャレンジを行うことで、様々なシーンで貢献出来るよう精進いたします

皆様におかれましても素敵なホリデイシーズンが訪れますように!

ご案内

お問い合わせの際はこちらからご連絡ください

又はFBページよりお問い合わせも可能です

サロン&ヘナ用のCDアルバム、SoundRemedy発売!

美容室、サロン、小売店への卸売業務用サイトはこちら

一般の方への通信販売サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA