手荒れで悩む美容師さんへ

Pocket

美容師さんの手荒れ問題

この数日、手荒れに悩む美容師さん達と出会う機会が多く

とても深刻な問題なんだと実感しています

美容業界の悪しき習慣

向かい美容師になった頃に手荒れが酷かった時

上司の美容師さんがこんなことを言っていました

「手荒れはスタイリストになると治るから大丈夫!

だから一生懸命練習して早く一人前になりなさい」

それが嘘だと気付いたのは、自分自身がスタイリストになった時

一人の美容師を育成するには、沢山の労力とお金がかかります

そうして育てあげた美容師がリタイヤすることは

会社にとって非常に大きなマイナスとなります

美容業界の悪しき習慣として

こういった嘘で若い人を騙すことがあります

それでも美容師を続ける意味があるのか?

手荒れや体調不良に悩みながら

美容師を続ける意味があるのか?

生きる手段でもある仕事で、生命を縮めることが良いのか?

一般的には手荒れは労災となります

勿論、自己表現として身体を傷めることもありかと思います。

それぞれの価値観は大切です!

もし違う方法で美容師を続けることが出来るなら?

僕の経験的には、薬品を触らないことが

一番手っ取り早い対応策かと思っています。

実際に、Graciasヘナ専門店のスタッフ達は、

薬品を手放し、今では綺麗な手で仕事をしています。

薬品を使用し様々なスタイルやお客様の要望に答えることは素晴らしいことなのですが、その逆を望むお客様も沢山おられます。

現実に、Graciasヘナ専門店はそういった方法で生存し続けています。

また、現在 僕が指導させて頂いた美容師さん達が、次々と結果を導き出していることも現実なのです。

これから続々と誕生するノンケミカルサロン

現在ノンケミカルサロンが続々と誕生しています。

勿論、僕達は色々なノウハウを持っています。

それを好むお客様が、どういった方々なのかを把握していますし。

その方々が好むコンテンツやプロダクトも豊富に揃えています。

既に市場は揃っています。

そこに一歩踏み出すかどうかは本人次第なのです。

一度現場を見て欲しい

今までノンケミカルサロンに触れたことの無い美容師の方には、是非現場を見て頂きたいと願っています。

ヘナ=白髪染め=高齢客層

こういった誤解が解けるかと思います。

勿論、午前などのピーク時間帯は年齢層も高くなります

しかし、午後や土日などは年齢層も幅広く、

時には学生さんも来店されています。

都内では若い人に人気のタレントさんなどもヘナに来店されます。

いつでもお気軽にご相談ください!

手荒れで進退を考えなければいけない方

毎日痛みに耐えながら頑張る美容師さん

スタイリストを目指しながらも挫折しそうな方

僕らはそういった美容師さんと、新しい世界観を作っていきたい

どうせなら、その逆境をプラスに変えて見せたい!

僕たちはいつでもウェルカムで扉を開いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA